AACポスターコンペ2010 表彰式・授賞式

AAC2010授賞式と同日、「AACポスターコンペ2010」の授賞式も行われました。この「AACポスターコンペ2010」は、「AAC」を告知するポスターのコンペ。『コンペのコンペ』として、約1ヶ月という短い募集期間でしたが、全国から187点もの応募があり、杉山ユキ氏(株式会社博報堂 アートディレクター)、服部信治(主催会社 代表取締役社長)により、厳正な審査の結果、最優秀賞に選ばれた増川友梨さん、斎藤菜月さんの作品が『AAC2010』の告知ポスター、ならびに応募要項として全国の美術を教える大学・専門学校や美術館に配布されました。

審査員の挨拶

杉山 ユキ
株式会社博報堂
アートディレクター

 />> 挨拶を見る

最優秀賞

■ 増川 友梨さん / 女子美術大学 芸術学部 デザイン学科 4年
この度は素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。
このポスターは、コンセプトである「建築と立体作品の出会い」をとても意識してデザインしました。
制作するにあたって、文字の組み方など、私達は大学ではあまり習っていなかったので、わからないことが沢山あったのですが、杉山さんに色々アドバイスしていただきながら修正を重ねました。
写真も何度も撮り直しをしたり、そういった時間も沢山いただいたので、納得のいく作品に仕上げることができました。
改めまして、皆様ありがとうございました。
■ 齋藤 菜月さん / 女子美術大学 芸術学部 デザイン学科 4年
今回は、このような素敵な賞をいただきまして、ありがとうございます。
普段学校で習っている建築のことが、このようにちょっと変わった形で役に立ったのかと思うと、不思議な気持ちですが嬉しかったです。
受賞の連絡をいただいたときに、自分たちの中では、応募した時の作品は、立体アートとの関わりが少し薄かったということが少し心に残っていたので、色々なアドバイスや、修正の時間を沢山いただけたことで、このような形に仕上げることができて、とても勉強になりました。
ありがとうございました。
■表彰式・懇親会
表彰式と懇親会にお招きいただき、ありがとうございました。
半年前の事だったので、なかなか実感が沸きませんでしたが、皆さんにお会いした途端に当時を思い出し、感慨深い気持ちになりました。懇親会では審査員の方々や他の学生とポートフォリオを見せ合いながら交流でき、楽しかったです。表彰式の後には優勝作品や展示場となるマンションを見学させて頂いて、貴重な経験が出来ました。
AACコンペに参加した事で建築とアートだけでなく、私たち自身も様々な方と出会えたことを嬉しく思います。ありがとうございました。

表彰式・授賞式

 AAC2010ポスターコンペ受賞者と審査員(敬称略)

  後列左より:
  庄司(入選)、水野(入選)、服部(審査員)
  杉山(審査員)、櫻井(入選)、太田(入選)
  前列左より:
  飛田(入選)、平尾(入選)、矢部(入選)
  増川(最優秀賞)、斎藤(最優秀賞)
  加藤(入選)、山口(入選)
最優秀賞:増川 友梨さん・齋藤 菜月さん【女子美術大学 芸術学部 デザイン学科 4年】
増川さん・齋藤さんには、賞金10万円が贈られました。
入選:庄司 翔馬さん【東京デザイン専門学校 グラフィックデザイン 広告専攻 2年】
入選:飛田 誠さん【広告デザイン専門学校 広告デザイン 研究科 研究生】
入選:水野 純平さん【九州産業大学 芸術学部 デザイン学科 3年】
入選:平尾 真希さん【近畿大学 文芸学部 芸術専攻 3年】
入選:加藤 香名子さん【静岡文化芸術大学 デザイン学部 メディア造形学科 3年】
入選:矢部 陽子さん【静岡文化芸術大学 デザイン学部 空間造形学科 3年】
入選:山口 幸士さん【東京造形大学 造形学部 デザイン学科グラフィック専攻 2年】
入選:櫻井 一輝さん・太田 耕介さん【千葉大学 工学部 デザイン工学科意匠系 4年 】
他、1名(詳しくはコチラをご覧ください)
※応募順。入選者には、それぞれ賞品5千円の商品券が贈られました。(募集当初は2千円の予定でしたが変更になりました)
最終審査結果発表
表彰式・授賞式
表彰式・授賞式 AAC2010
表彰式・授賞式 AACポスターコンペ2010
懇親会